アウディ、イタルデザイン&エアバスと共に空飛ぶ自動運転車のコンセプトを新提案


アウディAG、イタルデザイン、エアバスの3社は3月8日~18日で開催中のジュネーブモーターショーで、道路上だけでなく空中も移動する自動運転EVのコンセプトモデルを初披露した。

車両名は、“Pop.Up Next。コンパクトな自動運転車の上部に着脱可能にパッセンジャードローンユニットが搭載できる構造となっている。

これにより遠い将来この“クルマ”は、人々を乗せて都市の道路と空中をすばやく便利に移動し、様々な交通問題を解決する可能性を秘めているとコンセプトを組み立てた3社では語っている。

空を飛ぶ自動運転車というだけに充分にインパクトがあるが、さらにインテリアでは49インチのスクリーンを備えている。

この大型スクリーンを介して、人と機械のやりとりは、音声および顔認識システム、視線追跡操作システム(アイトラッキング)、タッチ機能によって行われる仕組みとしている。

キャビンそのものは軽量の2人乗り構造で、このキャビン単体に車両モジュールまたは飛行モジュールのどちらかが、利用したい環境を考えて着脱することができるという仕様だ。

同車両のお披露目にあたり、AUDI AG調達担当取締役 兼 イタルデザイン社長のDr. ベルント マルテンス氏は、「都市および人々の多様なニーズを考慮した新しいコンセプトを策定する場合には、創造性が必要になります。

イタルデザインは、革新的なテクノロジーと先進的なプロトタイプを作成する拠点となっています。“Pop.Up Next”は、将来的に、都市における生活を根本的に変える可能性を秘めた野心的なビジョンです」と述べている。

一方イタルデザインCEOのヨルグ アスタロッシュ氏は、「未来におけるアーバンモビリティのルールは、様々なプレーヤーによって定義されていくでしょう。

私たちは、航空宇宙産業において世界有数の企業であるエアバスと協力して、未来のモビリティへ向けたソリューションを研究できることを誇りに思っています。

この“Pop.Up Next”は、都市に住む人々に3次元のモビリティへの道を拓く、柔軟性の高いオンデマンド コンセプトであると見なしています」と話す。

ちなみにこの“Pop.Up”の最初のバージョンは、1年前のジュネーブモーターショーで発表された。“Pop.Up Next”は、先代モデルよりも大幅に軽量化され、インテリアのデザインも見直されている。なお“Pop.Up Next”に関する詳細は、ウェブサイト<   >追加情報を見ることができる。