ホンダ、CEATEC JAPAN 2015出展


外部給電器の市販予定モデル「Power Exporter 9000」を世界初披露

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)は、10月7日(水)から10日(土)まで千葉県の幕張メッセで開催される最先端IT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2015」において、燃料電池自動車(以下、FCV)から最大出力9kVA※1のAC出力を可能にする外部給電器の市販予定モデル「Power Exporter 9000」を世界初披露します。また、新型FCVのコンセプトカー「Honda FCV CONCEPT」など、エネルギーを「つくる」「つかう」、そしてエネルギーで「つながる」社会を実現するエネルギーマネジメント技術を紹介していく。

honda-ceatec-japan-2015-exhibition20151002-1
燃料電池自動車(以下、FCV)から最大出力9kVA※1のAC出力を可能にする外部給電器の市販予定モデル「Power Exporter 9000」

具体的な展示内容では、「Hondaはつながる」をテーマに、高圧水電解システムを採用するHonda独自のスマート水素ステーション(SHS)で「つくる」、新型FCVのコンセプトカーで「つかう」、FCVや電気自動車(以下、EV)からコミュニティや家庭・施設へ電力を供給する外部給電器で「つながる」を紹介するなど、ホンダが考えるスマートコミュニティのかたちを提案。

また、生産開始から今年で50周年を迎えたHonda発電機の記念展示では、Power Exporter 9000に採用されている、高品質な電気出力を可能にするHondaの正弦波インバーター技術などを紹介する。※1 Honda測定値

【主な出展内容】
○外部給電器「Power Exporter 9000」<市販予定モデル(世界初披露)>
○新型FCVのコンセプトカー「Honda FCV CONCEPT」
○V2H※2対応 DC普通充電器「Honda Power Manager」
○スマート水素ステーション(SHS)のモックアップモデル
○Honda発電機50周年記念展示
○「つながる技術が支える安心で快適な暮らし」をテーマに、外部有識者を交えたパネルディスカッション開催(10月7日(水)午前11:00から、Hondaブースにて)
※2 FCVやEVから家庭への電力供給を行うビークル・トゥ・ホーム(Vehicle to Home)の略

【CEATEC JAPAN 2015開催概要】
開催テーマ:NEXT – 夢を力に、未来への挑戦
開催日程:2015年10月7日(水)〜10日(土)
(10月10日は無料公開日)
開催場所:幕張メッセ 千葉市美浜区中瀬2-1
主催: CEATEC JAPAN 実施協議会
一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)
一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
Hondaブース位置:ホール3 小間番号3N56

CEATEC JAPAN公式Webサイト: