ジャガー、伝説のレーシングカー「D-TYPE」の製造を62年振りに再開


ジャガーが60年以上ぶりに、レーシングカー「D-TYPE」を新たに製造再開

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover Automotive PLC、本社:英国・コベントリー、CEO:ラルフ・スペッツ<Ralf Speth>)のスペシャル・オペレーションズに属するジャガー・ランドローバー・クラシックは、同ブランドを象徴するレーシングカー「D-TYPE」の製造を再開する。

1956年に最後の1台が製造されてから62年の時を経て、ジャガー・クラシックが初めて「D-TYPE」のプロトタイプの組み立てを行い、パリで開催された「サロン・レトロモビル」で初披露された。

この新しい「D-TYPE」は、英国ウォリックシャーにあるジャガー・ランドローバー・クラシック・ワークスで25台のみ手作業で組み立てられる。

そもそもジャガーは1955年に「D-TYPE」を100台製作する予定だったのだが、完成したのは予定未満の75台。

英国ウォリックシャーにあるジャガー・ランドローバー・クラシック・ワークスにて、25台を手作業で組み立て予定

そこで今回、ジャガー・クラシックは、当時の設計を忠実に再現し、残りの25台の「D-TYPE」を新たに製造することを決めたのである。

「D-TYPE」は当時6気筒のXKエンジンを搭載し、1955年から1957年にかけてル・マン24時間耐久レースで3回の優勝を果たしたクルマで、今回新たに製造する「D-TYPE」でも、あらゆる面においてオリジナル仕様を忠実に再現している。

この取り組みについてジャガー・ランドローバー・クラシックのディレクター、ティム・ハニング氏は、「『D-TYPE』はジャガー史上最もアイコニックで美しいレーシングカーのひとつであり、世界で最も過酷なモータースポーツ界で輝かしい戦績を残しています。

そして、その偉業は今日に於いても全く色あせていません。『D-TYPE』の製造をコベントリーで再開し予定製造台数を完成させるというこのプロジェクトは、大変貴重な機会です。

ジャガー・ランドローバー・クラシックが誇る世界有数の卓越したエキスパートたちは、このプロジェクトに携わることに誇りを持っています。

ジャガー・クラシックは、これまでに2014年から2015年にかけて6台の「E-TYPE ライトウェイト」を完成させ、2017年から2018年には9台の「XKSS」を製造しています。

ショートノーズとロングノーズの2つボディタイプを用意

今回の「D-TYPE」プロジェクトは、これまでの実績に続くものであり、ジャガー・クラシックが甦らせる3番目のモデルとなります。

ジャガー・クラシックのエキスパートたちは、ジャガーに保管されている「D-TYPE」のオリジナルの設計図や記録を活用し、綿密な調査を行い、1950年代にレーシング・マネージャーのロフティ・イングランドとエンジニアたちが定めた純正仕様を緻密に再現します。

なお、お客様は今回の車両選択にあたり、1955年型のショートノーズか、1956年型のロングノーズの、いずれかのボディタイプを選択することが可能です。

今回披露された『D-TYPE』のエンジニアリング・プロトタイプは、1956年型のロングノーズ・モデルとなっています。

それは長いボンネット、ドライバーの頭部後方にある特徴的なテール・フィン、広角のシリンダー・ヘッド、迅速に交換できるブレーキ・キャリパーなどを備えています」と話す。

ジャガー・クラシックが手がけた最初の「D-TYPE」は、パリで開催された「サロン・レトロモビル」にて初披露

一方ジャガー・クラシックのエンジニアリング・マネージャー、ケヴィン・リッチ氏は、「『D-TYPE』をベースとした9台の『XKSS』の再生は、非常にやりがいのあるプロジェクトです。

失われた6台の『E-TYPE ライトウェイト』よりも技術的に困難なものでした。

しかしそこから我々は多くの学びや教訓を得ていて、残る25台の『D-TYPE』の再製造をスムーズに遂行することができたのです。

1台1台が細部まで正確に再現され、当時のジャガー・レーシング部門が意図したとおりのものになるでしょう」と語っている。(2018年2月7日、英国ライトン・オン・ダンズモア発)

「D-TYPE」ロングノーズ・モデルの動画は公開されている< URL: https://youtu.be/l9r_HyaGoNo  >

ちなみにこのジャガー・ランドローバー・クラシックは、ジャガー・ランドローバーのスペシャル・オペレーションズに属する1部門である。

この部門では世界中のジャガー及びランドローバーのクラシック・モデルを保有するファン向けに、車両、サービス、パーツ、エクスペリエンスの提供を行っている。

英国コベントリーにあるジャガー・ランドローバー・クラシックの本部では、熟練したエンジニア、若手エンジニア、そして実習生を含むチームが、ジャガーとランドローバー両ブランドにおける「REBORN」シリーズのレストアに従事し、「E-TYPE ライトウェイト」や「XKSS」、そして「D-TYPE」といった特別モデルの製造にも携わってきた。

そんなジャガー・クラシックが提供するクラシック・モデルは、私道やレーストラック専用として車両を販売している。従って購入に関する問い合わせは直に+44 (0)203 601 1255もしくは< [email protected]  >に問合せされたい。

<正規販売ディーラーネットワーク 一覧>
ジャガー:  
ランドローバー:

Jaguarウェブサイト:  
Facebook:  
Twitter:  
Instagram:  
YouTube:  

問い合わせ先
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

Land Roverウェブサイト:  
YouTube:  
Facebook:  
Twitter:  
Instagram:  

問い合わせ先
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568
(9:00~18:00、土日祝日を除く)