クルマ情報とWeb技術の融合から作る「Webとクルマのハッカソン」で、3チームが栄冠を獲得


made-from-a-fusion-of-car-information-and-web-technology-in-the-hackathon-of-the-web-and-the-car-three-teams-have-won-the-laurels20160207-13

去る2016年1月30~31日、東京都内に於いて約50名のWeb開発者、デザイナーが集まり、 「Webとクルマのハッカソン」(実行委員会事務局:株式会社KDDI総研、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:東条続紀)が開催された。

made-from-a-fusion-of-car-information-and-web-technology-in-the-hackathon-of-the-web-and-the-car-three-teams-have-won-the-laurels20160207-11

この「Webとクルマのハッカソン」は、総務省、情報通信技術委員会(TTC)、日本自動車研究所(JARI)の後援、トヨタIT開発センター、日産自動車、本田技研工業など、自動車関連、情報関連の21の企業・団体からの協賛を受けて行われて、約50名のWeb開発者らが参加した。

初日は、今回のハッカソンで提供されるW3C Vehicle APIの説明に引き続き、開発環境のチュートリアルが行われた後、11チームに分かれて開発作業を開始。

made-from-a-fusion-of-car-information-and-web-technology-in-the-hackathon-of-the-web-and-the-car-three-teams-have-won-the-laurels20160207-1

APIの使い方や走行データへの問い合わせなど、開発スタッフに熱心に質問する参加者も多く、作業時間ぎりぎりまでコーディングが続けられた。

2日目午後のチーム発表では、工夫を凝らしたWebアプリのデモが行われ、審査委員を大いに悩ませた結果、次のアプリがそれぞれ表彰された。

made-from-a-fusion-of-car-information-and-web-technology-in-the-hackathon-of-the-web-and-the-car-three-teams-have-won-the-laurels20160207-10

  • 開発アプリ名/Yotta
    (テーマ/酔いやすい運転をドライバーに伝えるアプリ):最優秀賞
  • 開発アプリ名/Elekiter
    (テーマ/車内でのエンターテイメントに徹したアプリ):優秀賞
  • 開発アプリ名/yowanai
    (テーマ/乗り物酔いを無くすスマホ画面アプリ):特別賞

実施の背景は、インターネットとつながるクルマの増加に伴って、Web技術を利用する取組みに期待が高まっていることにある。

そこで、自動車の走行状態に関するデータ(車速、アクセル、ブレーキ、エンジン回転数、オドメータ、ハンドル角度、燃費、車両位置、ドア状態、加速度など)を利用し、HTML5などWebプラットフォームを活用したアプリケーション開発を競った。

実施の目的は、クルマの情報とWeb技術の融合から生まれる新しいサービスやアプリケーションを仲間と考えることで、クルマを取り巻く未来を共に創ることを目的としている。

「Webとクルマのハッカソン」
<  >

 

made-from-a-fusion-of-car-information-and-web-technology-in-the-hackathon-of-the-web-and-the-car-three-teams-have-won-the-laurels20160207-7

最優秀賞/Yotta
【アプリ概要】乗り物酔いを解決するアプリ
酔いやすい運転をしているかどうかを、ドライバーに伝えるアプリを開発した。

具体的には、運転のうまさ(色)、気持ち悪くなるような運転をしているか(波の高さ)、といったUIでスマートフォンに表示するもの。

ISO振動基準の動揺病評価値(加速度の積分、酔いやすい揺れの周波数)を用いて酔いやすさを判定するほか、同乗者からのサイン(同乗者のスマートフォンでYottaボタンを押す)で酔いやすさをドライバーに伝える。家庭のクルマだけでなく、バスやタクシーでも利用できる。

made-from-a-fusion-of-car-information-and-web-technology-in-the-hackathon-of-the-web-and-the-car-three-teams-have-won-the-laurels20160207-6

◆走行シーン(下りカーブ)合わせて、波が高くなる様子がスマートフォンに表示されるデモを実施。

【審査員コメント】
・実現性、デモの完成度を含め、総合的に優れていた。
・Web APIをうまく使えていた点も評価できる。

【受賞者コメント】
とても楽しいハッカソンを開催していただきありがとうございました。

1日目の帰るときまで皆で内容や設計について相談していたシステムでしたので、このような評価をいただき非常に嬉しいです。

4月からチームのメンバーはバラバラの職場で働くことになりますが、もし次回のハッカソンがありましたら、是非参加させていただきたいと思います。本当にありがとうございました!

 

made-from-a-fusion-of-car-information-and-web-technology-in-the-hackathon-of-the-web-and-the-car-three-teams-have-won-the-laurels20160207-5

優秀賞/Elekiter
【アプリ概要】
車内でのエンターテイメントに徹したシステムを開発。
名所や旧跡の近くを通りかかると、地図が「古地図」に変わる。これはMapFanAPI(インクリメントP)を使って実現している。

また、運転状況に応じて、BGMのテンポが変化したり、ハンドルを回したときに効果音が出る。これには、車速やハンドル切り角のAPIを使って実現している。

運転が終わると、走ってきたルートの名所旧跡等がタイムラインに沿って表示できるようになっている。

made-from-a-fusion-of-car-information-and-web-technology-in-the-hackathon-of-the-web-and-the-car-three-teams-have-won-the-laurels20160207-12

◆走行シーン(箱根関所)に合わせて、古地図に切り替わったり、BGMのテンポが変化する様子のデモを実施。

【審査員コメント】
・運転そのものをエンターテイメントにするというコンセプトに共感した。
・イライラしがちなドライバーが楽しく運転できるようになると嬉しい。

【受賞者コメント】
今回の様なイベントは初めてで、どんな雰囲気の中で実施されるのかわからず、十分な準備もなく気楽に参加したのですが、他の参加者のモチベーションは予想を超えており、少々気おくれしました。

その中で時間内でぎりぎりまで開発にチャレンジしました。そのため、プレゼン準備がほとんどなかったのですが、何とか審査員の方々に評価をしていただき、少々驚きました。

今後も、チャンスがあれば他流試合に挑戦していきたいと思います(株式会社エイチアイ)。

 

made-from-a-fusion-of-car-information-and-web-technology-in-the-hackathon-of-the-web-and-the-car-three-teams-have-won-the-laurels20160207-4

特別賞/yowanai
【アプリ概要】
コンセプトは乗り物酔いを無くす。乗り物酔いは、「人の予想」と「体にかかる力」の違いが原因で起こる。

yowanaiは、スマートフォンの画面に直近のクルマの傾きを予測して、その方向に画面表示の傾きを変化させる。画面を見ている同乗者は、予測された傾きと体にかかる力が一致して酔わなくなる。

よく、車内でスマホを見ると酔いやすいというが、スマホを見ることで酔わなくさせる。

made-from-a-fusion-of-car-information-and-web-technology-in-the-hackathon-of-the-web-and-the-car-three-teams-have-won-the-laurels20160207-3

◆走行シーン(カーブの連続)に合わせて画面の角度が左右に傾く様子のデモ)

【審査員コメント】
・酔わないためにはスマホを見ないというのが普通の考えなのに、敢えて、スマホを見るにはどうすればよいかという果敢な姿勢、ブラウザの上でコンテンツをひねってしまおいうという発想が新鮮であった。

【受賞者コメント】
ハッカソン初参加でしたが、皆さん1日半という短期間でレベルの高いアプリを作りきってしまうことと、レベルの高いプレゼンテーションに驚きました。

会場には参加者、主催者共にモチベーションが高く良い緊張が漂っており、とても良い刺激を受けてあっという間の2日間でした。Vehicle-APIやWeb-APIを使い、ユーザが使ってみたいと思えるものは何だろうという観点でアプリを作り上げました。

今回特別賞という光栄な賞をいただくことができ、また様々な方と交流させていただき貴重な経験をさせていただきました。主催者、参加者の皆様本当にお疲れ様でした!

 

「Webとクルマのハッカソン」開催概要
日時:2016年1月30日(土)~1月31日(日)
場所:住友不動産飯田橋駅前ビル
テーマ:“Webとクルマのハッカソン”
~コネクテッド・カー時代におけるWebと車の連携アプリ/サービスを創発しよう!~
参加者人数:50名程度

made-from-a-fusion-of-car-information-and-web-technology-in-the-hackathon-of-the-web-and-the-car-three-teams-have-won-the-laurels20160207-9

審査委員長:
– 中村 修(慶應義塾大学 環境情報学部 教授・W3C/慶應 サイトマネージャ)

審査委員:
– 中島雄二(日産自動車株式会社 グローバル技術渉外部 シニアエンジニア)
– 宮腰徹也(本田技研工業株式会社 グローバルテレマティクス部 アプリケーション開発室 室長)
– 野辺 継男(インテル株式会社 戦略企画室 ダイレクタ (兼) 名古屋大学 客員准教授)
– 羽田野 太巳(株式会社ニューフォリア 取締役 最高技術責任者)
– 白石 俊平(株式会社オープンウェブ・テクノロジー 代表取締役)

主催:「Webとクルマのハッカソン」実行委員会

協賛:
(株)トヨタIT開発センター、日産自動車(株)、本田技研工業(株)、W3C/慶應、(株)ACCESS、(株)ニューフォリア、アルパイン(株)、パイオニア(株)、富士通テン(株)、インテル(株)、AutoMotive Grade Linux(AGL)、(株)ガリバーインターナショナル、キャンパスマップル(株)、インクリメントP(株)、(株)自動車新聞社、(合)フィラメント、アイシン精機(株)

API協賛:
(合)ユメイク(YuMake)、(株)昭文社(MAPPLE)、インクリメントP(株)、富士通テン(株)、(株)KDDIウェブコミュニケーションズ(Twilio)

後援:
総務省、一般社団法人情報通信技術委員会(TTC)、一般財団法人日本自動車研究所(JARI)
事務局:(株)KDDI総研