マツダ、初代「ロードスター」の正規メーカーによるレストアサービスを開始


マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道 以下、マツダ)は、初代「ロードスター」(NA型)を対象としたレストアサービスを開始する。

このレストアサービスは、マツダのクルマに愛着を持った顧客が、永く大切にマツダ車を乗り続けられる環境作りを目指して、「ロードスター」の製造メーカー自らでレストア事業とパーツ再供給の二つからなるサービスをゼロから立ち上げるというもの。

レストア事業は、ユーザーの「ロードスター」をマツダが預かり、オリジナルに近い状態にクルマをリフレッシュして、当時の状態に蘇らせるもので、2017年内に受付を開始し、2018年初頭より、本格的なサービスを始める予定。

メーカーであるマツダが、ひとりひとりの顧客と直接面談し、個々のクルマの状態や要望に合わせたサービスを実施していくと云う。

なお作業を行うマツダ社内の施設は、テュフ ラインランド ジャパン株式会社よりクラシックカーガレージ認証取得する予定。

これによりレストアしたクルマを高い品質で、顧客に対して届けることが可能になるとマツダで謳っている。

加えてパーツ再供給も、現在供給終了となっている初代「ロードスター」の一部パーツを復刻するもので、2018年初頭から販売が開始される。

交換パーツ類はオリジナル状態にこだわり、初代「ロードスター」発表当時を彷彿とさせるビニール生地のソフトトップやデザインをも再現。

乗り味にこだわるマツダであるゆえに、当時のブリヂストン製タイヤSF325(185/60R14)の復刻を製造メーカーに依頼。NARDI製ウッドステアリング/シフトノブも現在の技術で復刻していく。

併せて、その他の部品供給についても、ロードスターユーザーとの対話を通じて、今後、真摯に取り組んでいくとしている。

マツダでは、「初代ロードスターのレストア事業やパーツの再供給を通して、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります」と述べている。

初代「ロードスター」レストアサービス(マツダオフィシャルサイト)
レストア事業やパーツ再供給の情報が随時更新されていく見込み。
 

テュフ ラインランドとは、ドイツに本社をおく第三者検査機関で、ドイツで運転免許試験を行い、ドイツ他数カ国で車検サービスを提供している。

また、自動車メーカー向けに欧州型式認証を行う他、板金塗装工場やクラシックカーの評価・認証サービスなどを提供する。テュフ ラインランド ジャパン株式会社はその日本法人である。