三井ダイレクト損保、ブランドメッセンジャーに本田翼さんを起用


新テレビCM「三井ダイレクト損保の真実」篇を5月12日より放映開始

MS&ADインシュアランス グループの三井ダイレクト損害保険株式会社(本社:東京都文京区後楽、取締役社長:船木隆平)は、女優の本田翼さんを起用した新テレビCM「三井ダイレクト損保の真実」篇を、2018年5月12日(土)より放映する。

新テレビCMのコンセプトは、“三井ダイレクト損保は安い”とする情報浸透を図っていくもの。そのうえで、万一の時の補償は厚く、顧客に安心を提供していきたいとする想いをストレートに表現していく内容となっている。

CMのストーリーは、本田翼さんが「三井ダイレクト損保の自動車保険は安い」という真実を正面から伝えていく。また併せて単に“安い”だけではなく万一の際の事故対応の様子を解説。本田翼さんが操作する車のヘッドライトの先にそのビジュアルが映し出されるという流れ。

三井ダイレクト損保では「“保険料と補償のバランス”で多くのお客さまにご満足いただいていることを、本田翼さんを通してお伝えしています。なお、新テレビCMは、でもご覧いただけます」と結んでいる。

出演者プロフィール:本田 翼(ほんだ つばさ)
2010年から『non-no』のモデルとなる。2012年4月~2013年3月に『A-studio』(TBS)の4代目アシスタントを務め、ドラマ「恋仲」(CX)で月9ヒロインに。その後も、映画「起終点駅 ターミナル」(ヒロイン)、ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」など話題作への出演が続く。
2017年は、ドラマ「奥様は、取り扱い注意」(NTV)、Amazon オリジナルドラマ「チェイス 第1章」(主演)、映画「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」(ヒロイン)に、また2018年は、映画「今夜、ロマンス劇場で」など、数多くのドラマや映画に出演。