ニュル24時間耐久レースに、FALKENタイヤ装着車両が参戦


住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市中央区、社長:池田育嗣)は、来る5月10日(木)~13日(日)にドイツで開催される世界最大級のツーリングカーレース「第46回ADACチューリッヒ ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に参戦する「SUBARU WRX STI」にFALKENタイヤを供給する。

このニュルブルクリンク24時間耐久レースは、自動車メーカー、タイヤメーカーが開発テストを行うサーキットとしても著名。同コースは高低差300m、ブラインドコーナーを含め約170カ所のコーナーを持つ北コース(オールドコース)と、F1も開催される近代的なGPコースをつなげた1周約25kmのフルコースを使用して24時間を走りきるもので世界一過酷なレースとも言われている。

「SUBARU WRX STI」
「SUBARU WRX STI」

「SUBARU WRX STI」は、同レースで2015-2016年に2年連続クラス優勝を達成している。本年はさらにエンジン性能や制動性能を高めた車両に、低温でのグリップ性能をより向上させたFALKENタイヤを装着し、SP3Tクラスで5度目の優勝を目指す。

参戦クラス:SP3T
チーム:スバルテクニカインターナショナル
車両:SUBARU WRX STI
ドライバー:Carlo Van Dam
ドライバー:Tim Schrick
ドライバー:山内 英輝
ドライバー:井口 卓人

なお併せて同レースでFALKENブランドは、オフィシャルスポンサーとしても協賛。さらに昨年に引き続き先のスバルとは別に「FALKEN Motorsports」として独自のチーム編成を組み、2台体制での総合優勝を目指している。

出走車両は「Porsche 911 GT3R」と、昨年総合8位で完走した「BMW M6 GT3」の2台体制。レースの模様はFALKEN公式フェイスブック<   >で随時レポートしていく。

クラス:SP9(FIA-GT3)
チーム:FALKEN Motorsports
車両:Porsche 911 GT3R
ドライバー:Martin Ragginger
ドライバー:Klaus Bachler
ドライバー:Dirk Werner
ドライバー:Sven Muller

車両:BMW M6 GT3
ドライバー:Peter Dumbreck
ドライバー:Alexandre Imperatori
ドライバー:Stef Dusseldorp
ドライバー:Jens Klingmann