パイオニア、創業80周年記念のカーオーディオパッケージを期間限定海外発売


パイオニア株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役 兼 社長執行役員:小谷 進、以下、「パイオニア」)が今年1月1日に創業80周年を迎えたことを踏まえ、創業80周年を記念のハイエンドカーオーディオパッケージモデル「DXT-P99RS-80」を海外市場向けに期間限定で発売した。

製品パッケージの内容は「DXT-P99RS-80」パッケージは以下の通り。
・CD/USB/チューナー メインユニット DEX-P99RS 1台
・250W×2・ブリッジャブルパワーアンプ PRS-D800 3台
・16.5cm セパレート2ウェイスピーカー TS-Z65CH 1組
・25cmサブウーファー TS-Z10LS4 1台

なお同製品は、2018年1月9日(火)~12日(金)に米国ネバダ州・ラスベガス市で開催される、世界最大のコンシューマー・エレクトロニクス見本市「CES 2018」に出品されている。

メインユニット「DEX-P99RS」の主な特長は、80周年記念モデル限定のイメージ色「ROSE GOLD」のアルミプレートを配置した先進的かつ品格あるデザインであること。

具体的には、“80th Anniversary Model”としるされた、記念モデルのイメージカラー「ROSE GOLD」のアルミプレートをパネル部に配置。イメージカラーの「ROSE GOLD」は、“精緻さと知性を兼ね備え、これまでの歴史とこれから先を照らす輝き”を表現した。

また「カロッツェリアχ」のノウハウを活かした高音質設計に拘り、「浮動小数点32bit高精度演算処理DSP」をはじめとする高音質パーツを採用した。

また「オートタイムアライメント&オートイコライザー(2ch)」などの調整機能も搭載しており、最適な音響空間を再現するとともに、原音に忠実な高音質再生を実現する。

パワーアンプ「PRS-D800」も80周年記念モデルに相応しく、ヘアライン仕上げの天面アルミプレートにスリットラインを施し、高品位で洗練されたデザインを採用した。

セパレートスピーカー「TS-Z65CH」は、縁にゴールドをあしらったパイオニアのロゴがしるされた限定仕様のバッジを採用。

また、端子部の金メッキ処理に加え、上位機種で培った“Open & Smoothコンセプト”(“Open”は開放的な音の鳴り方や音場がスピーカーの間隔より広く感じられるようなステージ感、“Smooth”はウーファーとトゥイーターの音がスムーズにつながっている状態)を踏襲し、可聴帯域を超える高帯域再生とダイナミックレンジの拡大、低歪化により躍動感のある高音質再生を実現した。

最後にサブウーファー「TS-Z10LS4」は、80周年を記念し高級感ある金メッキを端子部に採用。さらに、大型磁気回路を採用することで高いレスポンスとリニアな重低音再生を実現するとともに、振動板へのアラミドファイバーの採用により正確で繋がりの良い低音再生を楽しめるようにした。

WebstudioVentの関連記事
パイオニア、2018年1月1日で創業80周年(2018年1月1日掲載)