ポルシェ、過酷なレース活動は未来のクルマを育むゆりかご


porsche-919-hybrid-three-digest-the-test-data-of-steady-simmer-man20150601-8-min

サーキットは、新たなテクノロジーを実践する「実験室」

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:マティアス・ミューラー、以下、ポルシェ)は、サーキットにおける活動を、新たなテクノロジーを実践する、言わば「実験室」と考えている。

サーキットで試された数々のテクノロジーは、将来の市販車両に積極的にフィードバックしていくという。

実は、この考え方はポルシェのDNAにおいて中核的なものだと、同社の研究開発担当役員を務めるヴォルフガング・ハッツ氏は語る。

awarded-two-awards-in-the-british-car-magazine-autocar-porsche20150520-2-min

同氏は、「軽量設計、エアロダイナミクス、ダウンサイジングされたターボエンジン、ハイブリッドコンセプト、または電気自動車のラインナップ拡大など、いずれのテーマもポルシェの将来にとってとても重要なことです…。

ポルシェに息づくPIPという独自のDNA

私達は、今日考えられる新たなソリューションを、ル・マン24時間レースを筆頭とする数々のFIA世界耐久選手権(WEC)で、精力的に試しています」と述べた。

さらに「この方法論が最もダイレクトに結実させているのは、WECのトップカテゴリーで走るル・マン・プロトタイプ1(LMP1)のポルシェ919ハイブリッドモデルです。

porsche-919-hybrid-three-digest-the-test-data-of-steady-simmer-man20150601-14-min

また一方で、GTワークスチームのポルシェ911 RSRもまた、近い将来の市販車のための『走る実験室』としての役割を担っています。

porsche-wec-ennounces-second-leg-belgian-driver20150415-1

いずれのレーシングカーも、私達ポルシェが掲げるPIP(ポルシェ・インテリジェント・パフォーマンス)を体現する好例と言えるでしょう」と述べた。

始まったモータースポーツシーンでの頂上革命

事の始まりは2014年シーズン、LMP1カテゴリーに極めて先進的なレギュレーションが導入されたことが切っ掛けとなったという。

この年から、ワークスカーの1周あたりに使用可能なエネルギー量が制限されたのだ。さらに全てのメーカーは、少なくとも、ひとつのハイブリッドシステムを導入しなければならない。

porsche-the-race-activities-foster-the-future-of-car20150605-2-min

しかし、ハイブリッドシステムの種類、回生エネルギーの貯蔵方法、エンジンの形式、排気量、および出力伝達コンセプトは、レギュレーション上で一切定められておらず、レーシングマシーン開発に携わるエンジニアに大きな裁量が与えられている。

自由でありながら、かつ絶対的なWECレギュレーション

とは云え、各メーカーから生み出される全てのマシーンと、そのソリューションの数々は、WECレギュレーションの背景にある根本原理に従わねばならない。

それはすなわち、『エネルギー回生システムからもたらされるエネルギーが多くなるほど、燃焼させる燃料をより少なくする』という考え方だ。

porsche-the-race-activities-foster-the-future-of-car20150605-4-min

ハッツ氏は、それについてこうたたみ掛けた。「ポルシェをモータースポーツのトップカテゴリーへ復帰させたのは、実はこの革命的とも云えるコンセプトなのです。

結果的にそれは正しく機能しており、それ自体がとても面白いことに、LMP1カテゴリーに挑戦したトップ4メーカーは、それぞれ全く異なるコンセプトを採用したにも関わらず、6時間もの過酷なレースを終えてみると、結局、勝者と後続の差は数秒しか離れていないのですから」

公道走行可能なスポーツカーの効率性を極めていく

加えてハッツ氏は、500PS以上を発生する919の2リッターV型4気筒ガソリンターボエンジンを、「ポルシェがこれまでに作った中で最も効率的なエンジン」だという。

「燃焼室とポートデザイン、さらにカムシャフトドライブと直噴システムの効率化のために、F1で用いられた素材にさらに磨きをかけました。特に919のエンジンは、燃料噴射と内部摩擦に関して、先駆的な試みを随所に施しています。

porsche-the-race-activities-foster-the-future-of-car20150605-3-min

例えば当社のエンジニア達は、自動車エンジンに航空宇宙産業の高強度素材を積極的に採用しています。

しかもサーキットと公道の両方における厳しい要求に応えるために、最新の公道走行可能なスポーツカー911 GT3 RSと、919ハイブリッド・ル・マン・プロトタイプのいずれも、エンジンユニットに使用されるクランクシャフトは、まったく同一の素材で作られているのです」とハッツ氏。

技術は3台のプラグインハイブリッド車に活かされている

目下、ポルシェは3段階のアプローチを踏んで、企業としてのモータースポーツ活動を進めていると云う。

第1段階では『研究開発』に、第2段階では『テスト』に焦点を当て、そして第3段階では『市販車へ適用するため』、実際のロードゴーイングカーに使える素材研究と、レース技術の実用化に取り組んでいる。

その好例としてハッツ氏は、次のエピソードを語ってくれた。

porsche-the-race-activities-foster-the-future-of-car20150605-7-min

「ダウンサイジングされたターボエンジンに関するノウハウは、ポルシェにとって最も重要な技術です。その象徴的な事件としてあえて言うと、ポルシェのアイコンである911シリーズのほぼ全てのモデルに、間もなくターボエンジンが搭載されます。

porsche-the-race-activities-foster-the-future-of-car20150605-6-min

さらにハイブリッドモデルの推進も計画しています。我々は現在、パナメーラS E-ハイブリッド、カイエンS E-ハイブリッド、および918スパイダーという3種類のプラグインハイブリッドモデルを市販している世界唯一のスポーツカーメーカーであり、

porsche-the-race-activities-foster-the-future-of-car20150605-5-min

ヴァイザッハ(ポルシェ車開発の中核的拠点)において、ほぼ独力で919ハイブリッドの開発と製造を行ったことは、市販車とモータースポーツの開発エンジニアにとっても、将来を見据えた大きな節目となったのですから。…

排気ガスエネルギー回生システムも市販車搭載を視野へ

そもそも既に技術をフィードバックするためのサイクルは、もう既に完成しています。

スーパースポーツカーである918スパイダーの開発プロジェクトは、911 GT3 Rハイブリッドレーシングカーの開発に取り組んだ際の知識を利用することが出来ました。

そして、その918の開発に携わったエンジニアは、919 LMP1プロトタイプの開発をサポートしました。そして今、市販車への最初のフィードバックがまさに始まろうとしているのです」とハッツ氏。

porsche-the-race-activities-foster-the-future-of-car20150605-8-min

目下、919ハイブリッドは、WECにおいて2種類のエネルギー回生システムを用いる唯一の車となっている。

1番目のシステムは、すでに同様のものが918スパイダーで使われており、フロントアクスルのジェネレーターが、ブレーキング中に運動エネルギーを電気エネルギーに変換している。

しかしハッツ氏によると、ふたつめの新システムは、全く新しいもので、エグゾーストシステムに追加されたタービンジェネレーターユニットを用いていると云う。

porsche-the-race-activities-foster-the-future-of-car20150605-11-min

同ユニットは、ターボチャージャーと並行して作動し、排気ガス流のエネルギーを電気エネルギーに変換するのだ。「ポルシェ919ハイブリッドは、制動時だけでなく加速時にもエネルギーを回生する唯一の車です。

私達は、こうした排気ガスエネルギー回生システムも市販車に搭載することも計画しています」とハッツ氏は語った。

エネルギーの貯蔵技術が勝敗を分ける分岐点になる

一方で目下の段階において、ハイブリッドシステムと、完全電動システムとの間を阻む大きな制限要因になっているのは、電気エネルギーの貯蔵技術にある。

現在、WECにおける各メーカーの投入技術では、フライホイール貯蔵装置を使うアウディと日産。

porsche-the-race-activities-foster-the-future-of-car20150605-12-min

ウルトラキャップス(電気機械式ウルトラキャパシター)を使うトヨタ。そしてポルシェは、リチウムイオンバッテリーを利用している。それぞれ各メーカーが異なる技術を使う理由は、各車が選択したハイブリッドシステムに最も最適な貯蔵方式が異なるためだ。

いずれにしても、重要なのは出力密度とエネルギー密度のバランスにある。

より多くの電気エネルギーをより長い時間蓄えることが出来る

つまり貯蔵装置の出力密度が高くなるほど、短時間で多くのエネルギーを吸収して放出することが出来る。同社にとって、これこそが、モータースポーツシーンにおいて最も重要な要素だという。

porsche-the-race-activities-foster-the-future-of-car20150605-13-min

なぜなら、回生システムにおいて毎周できるだけ短時間に(例えばブレーキング中に)大量の電気を発電する必要があるからだ。

ハッツ氏は、この点に関して「ウルトラキャップスとフライホイール貯蔵装置は、大量のエネルギーを極めて速やかに吸収すると同時に素早く放出できるので有利です。

しかし、私たちはここで、バッテリー貯蔵方式を最も合理的な選択肢として選びました。なぜなら、その高いエネルギー密度のおかげで、より多くの電気エネルギーをより長い時間蓄えることが出来るからです。

porsche-the-race-activities-foster-the-future-of-car20150605-1-min

つまり、ル・マンの1周13km以上におよぶコースのどこでも柔軟に電気エネルギーを放出出来るのです。

919ハイブリッドのバッテリーに蓄えられるエネルギーは、加速時に出力400PS以上の電気モーターを介してフロントアクスルを駆動し、リアアクスルを駆動するターボエンジンを補うことが出来ます。

この時、919は一時的に4輪駆動車になります。ポルシェLMP1に搭載されるバッテリーは、2つの基本的要件(素早いエネルギーの吸収と放出、および大量のエネルギーの柔軟な貯蔵)の最適な組み合わせを実現しているのです」と語った。

トップクラスの8メガジュールを唯一選択しているポルシェ

この点については、ポルシェLMP1チームのテクニカルディレクター、アレクサンダー・ヒッツィンガー氏の次の説明が判り易い。

「我々は、919ハイブリッドのリチウムイオンバッテリーの出力密度を高めることに成功し、今やウルトラキャップスに匹敵するまでになっています。

porsche-the-race-activities-foster-the-future-of-car20150605-9-min

それでいながら、エネルギー密度はウルトラキャップスを大きく上回ります。私達のバッテリーは、大量のエネルギーを素早く吸収して放出できるだけではなく、比較的軽量で、非常に高い貯蔵能力も有しています。

ポルシェは、919ハイブリッドのために水冷式リチウムイオンバッテリーを独力で開発しました。

この密集した個々のセルは、極めて均等に冷却され、振動を吸収するように配置されています。この進化したセルは、将来のハイブリッドスポーツカーにも適用できる大きな可能性を秘めています」

その蓄電性能は、e-Golfなら6,100km以上の距離を走行出来る

ル・マンの全参加者の中で、最高のエネルギー回生カテゴリーへのステップアップを果たしているのは、確かにポルシェだけだ。

約1,000PSの総出力を誇る919ハイブリッドは、ル・マンでは1周(13.629km)あたり8メガジュールの回生エネルギーを使用出来ている。それでいながらも1周あたりに消費する燃料は最大で4.76リッターのみ。

通常のレースでポルシェ919ハイブリッドは、最大1,000kWhの電力を24時間にわたって発生し続ける。

porsche-aim-the-le-mans-victory-in-three-of-the-919-hybrid20150529-9-min

これだけのエネルギーがあれば、コンパクトセグメントで最も効率的な電気自動車のひとつであるフォルクスワーゲンe-Golfならば、ル・マンとニューヨーク間よりも長い6,100km以上の距離を走行出来る計算だ。

ル・マンの成果は市販車開発者の興味を刺激する存在に

ハッツ氏はさらに、「ポルシェのエンジニアは、モータースポーツと市販車の両方のプロジェクトに携わっています。彼らは、ノウハウや情報だけではなく、時には『形ある』物をやり取りします。

例えば、919ハイブリッドのフロントアクスル(KERS、電気モーター、バッテリーを含む)は、ポルシェ初のLMP1レーシングカーが走行可能になるよりもずっと前に、テストのために911 GT3のプロトタイプに搭載されていました。

porsche-the-race-activities-foster-the-future-of-car20150605-10-min

今日これら様々な技術面における成果は、市販車開発者の興味を刺激しています。

例えば、LMP1プログラムのためにフォルクスワーゲングループの最新のドライビングシミュレーターがヴァイザッハに設置されましたが、現在では、市販車開発チームによって、ドライビングダイナミクスのテストやハイブリッドシステムの設定と制御のための研究に使われています。…

911レーシングカーとロードゴーイングカーとの親密な関係

効率性が向上した結果、ドライビングスタイルが同じであってもエネルギー消費量が低減されます。

また、エネルギー消費量を増やすことなく、よりスポーティなドライビングスタイルが可能になります。もちろん、ポルシェは常にパフォーマンスも重視しています。

その好例が、919ル・マン・プロトタイプの最も近いモデルである918スパイダーです。887PSを発生し、100kmあたりわずか3リッターの燃料しか消費せず、ゼロエミッション走行も可能なこのスーパースポーツカーは、ニュルブルクリンク北コースの最速ラップタイム記録(6分57秒)を保持しています。これは、パワフルなハイブリッドシステムゆえに実現したのです」

porsche-the-race-activities-foster-the-future-of-car20150605-14-min

ポルシェでは、ハイブリッド以外のレーシングカーも市販車と共に先駆的な進歩を遂げた。

911 RSRと公道走行可能なモデルの空力的特徴を比較すると、フロントリップスポイラーの形状から冷却用エアダクトのデザイン、サーマル・マネージメントシステム、流線型のアンダーボディ、2枚のリアスポイラーに至るまで、あらゆる部分に強い類似性が認められる。

最終的には市販車に結実されるテクノロジーに取り組む

それに加えて、911 GT3 RSは911 GT3より10kgも軽量となっている。エンジンフードとトランクリッドはカーボンファイバー製で、リアウインドウは薄いポリカーボネートで構成され、さらに代替材料で作られた軽量コンポーネントが加えられている。

こうしたいくつかのコンポーネントは、911 RSRでテストされた後、実用化されている。

911 GT3 RSの新しいマグネシウム製ルーフも、重心位置を下げるというモータースポーツの考えに基づいたものだ。

GT3 RSの新しい軽量な12Vリチウムイオンバッテリーは、従来の重い鉛バッテリーを置き換えるもので、基本的には同じくモータースポーツから取り入れられたという。

最後にハッツ氏は「ポルシェとル・マンは、これまでの非常に長い間、効率性に対する理念を共有してきました。かつてル・マンでは、性能指数および熱効率指数として知られる特別なカテゴリーが設けられていた程です。

ル・マンで16回の総合優勝を成し遂げたポルシェは、その最初の勝利よりもかなり前に、この効率性のランキングでもトップに立ちました。1955年、ポルシェ550スパイダーは、燃費ランキングのトップでフィニッシュしました。

917は、1970年と1971年にル・マンで総合優勝を飾った際、燃費に関する賞も獲得しました。911 GT3は、2007年から2011年にかけ、燃費に関して同クラスで無敵を誇り、ミシュラン・グリーンXチャレンジでも優勝しています」と結んだ。(坂上 賢治)

 

その他の記事(新車関連)
VW、欧州市場でパサートGTEの受注開始
ホンダ、シビック タイプRの市販モデル、欧州デビュー
英マクラーレン、McLaren 570S/540C Coupe日本初公開
ジャガー、新型スポーツ・サルーン・モデル「XE」の受注開始
ボルボ、Volvo V40 R-DESIGN Carbon Edition、88台限定発売

BMW 5シリーズ セダンの限定モデル「Grace Line」を発売
スズキ、新型軽乗用車「アルト ラパン」を発売
スズキ2気筒0.8Lディーゼルエンジンを開発しインド投入

オペル、5ドアハッチバックの「カール」の発売を正式発表
トヨタ、ハリアーを一部改良、特別仕様車も追加発売

トヨタ、タウンエース、ライトエースを一部改良
ルノー、小型クロスオーバー車「カジャール」欧州発売
ランボルギーニ、新型SUV「URUS」市場投入は2018年

マツダフレアワゴンにISG搭載で低燃費32.0km/Lを達成
ホンダフリードにプレミアムエディション誕生5/29発売

メルセデスAMG C 63 S Edition(エディション)1を限定発売
メルセデスAMG C 63(セダン・ステーションワゴン)発表

プジョー、特別限定車「208 Style」を発売

BMW、2シリーズ グラン ツアラー誕生6/6発売
アウディ、A8に3台の限定モデル、5/26より発売

ルノー・ジャポン、メガーヌ ハッチバック ゼンを追加
トミーカイラZZ 増資完了、合成走行音搭載車は今秋登場

日産NV350キャラバン トランスポーターの仕様一部刷新

シトロエンDS4新エンジン32%燃費UP価格は320万円から

ルノー、特別色のルノー カングーを100台限定発売

FCAジャパン、Jeep限定車2モデル5/30より発売
GMジャパン、7座席SUVシボレーキャプティバ限定発売

全世界500台限定モデルMcLaren 675LT日本初上陸

MINI Crossverに日本限定モデル登場

トヨタ、ハイラックスをタイでフルモデルチェンジ

ホンダ、JADE(ジェイド)に1.5L VTEC TURBO搭載
BMW、クリーンディーゼル218dアクティブツアラー

新型マツダ ロードスター、5/21いよいよ発売へ

スバル、インプレッサSPORT HYBRIDの先行予約始まる

シトロエン最後のC5 Final Edition、60台限定発売

スバル、ステラを改良して5/20から発売
スズキ、スペーシアシリーズ改良。低燃費・衝突安全向上

ダイハツ、コペン「第3のモデル」先行受注開始
トヨタ、燃料電池進化の糸口掴む。性能向上の取組み加速
ホンダ、新コンパクトステーションワゴン・シャトル発売

アウディ、欧州エリアで最新「R8 V10」の受注開始
マツダ、フレアクロスオーバーを商品改良して発売
BMW 1シリーズ発表、300万円を切る戦略的な価格設定
アウディ、A1 1.0TFSIで250万円を切る価格へ
アウディ、新Q3/RS Q3を5月21日より発売開始

スズキ、ハスラー「S-エネチャージ」搭載車デビュー
アウディ史上初1L直噴3発 345台の限定車は6/18に
トヨタ、カムリハイブリッドGパッケージPREMIUM BLAC
フォルクスワーゲンVW新トランスポーター(T6)生産開始
VWゴルフGTIクラブスポーツ、オーストリアでお披露目

日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード
トヨタSAI改良、世界初スーパーUV400カットガラス採用
VW、新6リッターエンジンのW12 TSIウイーン公開
ダイムラー、大型トラックの公道自動運転実験を開始
メルセデス・ベンツ、AMG GT受注開始。1462万円〜

ボルボ、女性誌モデル五明祐子さんセレクトの限定車発売
トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良、5月7日発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪う車
NEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー
FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売

FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台
ダイハツ、ムーヴとタントにスマートアシストⅡを搭載
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリント特別仕様車2種
マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売
日産デイズ ルークスエマージェンシーブレーキ全車標準化

マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレに本革シート

その他の記事(モータースポーツ)
ポルシェ、過酷なレース活動は未来のクルマを育むゆりかご
ポルシェ919ハイブリッド3台ル・マンのテストデーを消化
日産GT-R LM NISMO、ル・マン公式テストで初走行を公開
ポルシェ、3台の919ハイブリッドでル・マンの勝利を狙う

TOYOTA GAZOO RACING、ラリー若手育成ドライバー決定
日産、動画配信でGTアカデミー日本上陸を改めて伝える
ニュル24時間レース、出走5メーカー戦績まとめ
ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レースで総合3位
WTCC第4戦、シトロエン優勢のまま1/3ラウンドを消化

ポルシェ、新911 GT3 R、ニュルブルクリンクで世界初公開
オートバックス、全日本学生フォーミュラ大会チーム支援
ニュル24時間レースで、ダンロップ装着車両がクラス優勝
全日本ラリーJN6スバル表彰台独占、JN5プジョー初勝利
スーパーGT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む

WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利
富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコード
全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスン
WRCアルゼンチン、シトロエンWinクリス苦節13年目の勝利

プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表
求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか

その他の記事(イベント)
日産本社でル・マン24時間のパブリックビューイング開催
第44回東京モーターショー2015、全展示部門で出展者が決まる
トヨタ、幼児向け交通安全教室トヨタセーフティスクール開催
LEXUS、ミラノデザインウィーク2015受賞作品を東京展示
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初

ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露
輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー6/5
ワーゲン・アウディのカスタムカーが集結6/5から
トヨタ自動車「第39回トヨタ ロビーコンサート」7/30開催

その他の記事(技術)
ダイハツ ムーヴ、軽自動車初の先進安全車プラスを獲得
テスラとガエレクトリックPowerPackをアイルランド導入
独ダイムラー、産業・家庭用蓄電池ビジネスに参入
富士経済、製造・非製造業向けロボット世界市場の調査結果
ボッシュ、テスラ モデルSベースの自動運転テスト車導入

ホンダ、技術テーマで「第65回自動車技術会賞」を受賞
マツダ、第65回 自動車技術会賞受賞
トヨタ、MIRAI関連技術で全国発明表彰「恩賜発明賞」
トヨタとマツダ、業務提携に向けて正式に基本合意
日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞

ダイムラー、大型トラックの公道自動運転実験を開始
スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得
アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用
理研、太陽光エネルギーを水素へ変換するシステム実現へ
スズキの欧州販売車VITARA、ユーロNCAP評価で5つ星獲得
アウディ、電動ターボ搭載TTクラブスポーツコンセプト

その他の記事(企業・経済)
住友ゴム工業、Goodyear社とのアライアンス契約合弁解消
日産、横須賀市とEV普及モデルの構築を目指す
トヨタ、フォードの「スマートデバイスリンク」導入検討
トヨタ欧州副社長、日産のマーケ、セールス統括副社長へ
トヨタ・モビリティ基金とNew Cities Foundationの協力開始

マツダ、新型ロードスターから「電子取扱説明書」を導入
日産、国内における女性管理職比率が8.2%に上昇
BMW、一部モデルのメーカー希望小売価格を7/1改定
スズキ、インドネシア四輪車新工場の開所式を実施
ルノー・日産、COP21にゼロ・エミッション車を提供

大同特殊鋼、タイにトランスミッション鍛造事業の新会社
日産自動車、「攻めのIT経営銘柄」に選定される
日産とBMW 、南アフリカでEV充電インフラ拡充に合意
新日鉄住金、北米で自動車用鋼板のグローバル供給体制拡充
カーシェア「タイムズカープラス」 長野県でサービス開始

ボッシュ、ネットワーク化が自動運転成功の鍵を握る
BMW、業績好調のなかで経営の舵取りを新CEOに託す
国土交通省、平成26年度自動車(製品)安全性能評価結果
日産自動車、2014年度通期決算。当期純利益は4,576億円
NGKスパークプラグ、米イグニッションメーカー買収

ボルボ、北米初工場。欧・中・米3大陸の国際体制確立へ
スズキ、海外好調で売上高3兆円回復。営業利益6期ぶり減
フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合
中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能に

東レ、独で樹脂新会社設立、米で樹脂テクニカルセンター
トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
スズキのインド四輪子会社が累計生産台数1,500万台達成
オートバックスセブン、中期経営計画を見直し
オートバックス、マレーシア・スパリン店新規オープン

その他の記事(話題)
イクリプス9型カーナビ、アクア・プリウスα取付キット発売
国土交通省、口永良部島噴火で自動車検査証有効期間伸長
メルセデス・ベンツ認定中古車拠点でオープンフェア
ダイハツ新型「コペン」累計販売台数1万台を突破
自転車利用者の77%がヒヤリ!道交法改正調査

JAF長野が検証、チャイルドシートの取付9割が不適切
トヨタ、アルファード・ヴェルファイア専用10インチナビ
ポルシェ、クラシック911用ダッシュボードを再現し販売
ポルシェ、クラシック911用のダッシュボードを再現し販売
ホンダシビックツアラー1.6のi-DTEC、燃費のギネス記録挑戦

オペル、欧州ラインナップ全車でスマーホ連携機能実装へ
充電スポット検索サービスのEVsmartがカーナビ対応に
DeNA、スマホ向け無料カーナビアプリ「ナビロー」提供
三菱パジェロ2016、スマホ両対応の車載ディスプレイ搭載
ブリヂストンREGNO GR-XI装着サイズ34拡張

【2015年4月人気車ランキング】年代別人気車TOP5
ポルシェのPHEVグリーンテック・アワード2015送迎車に
日産、X-TREME GOLF CUP 2015の参加者募集開始
EVオーナー高速道路利用実態(有料)調査参加者募集中
圏央道神崎IC~大栄JCT間が6月7日17時に開通

スタンレー、大成建設と次世代LED植物工場ユニット開発
マツダ、東日本大震災児童10名の仏ホームステイを後押し
ヤナセ、創立100周年を記念して社会貢献活動を実施
トヨタ交通安全センター モビリタ設立10周年を迎える
ダンロップGRANDTREK、日産X-TRAIL HYBRID装着開始

富士通テン、ビッグデーター活用でタクシー運行管理改革へ
タカタ、米国運輸省とエアバッグの市場処置拡大で合意
ポルシェ、918スパイダーのリコールを実施
リコール情報5車種(5月22日発表分)
タイムズ24とMINI「有休取得応援プロジェクト」開始

パナソニック、SSDカーナビ「ゴリラ」新製品4機種を発売
Honda Jet、欧州ビジネス航空ショーEBACE2015実機公開
スマートとJBLで造った仰天モバイル・コンサートカー
無限、ホンダ新型シャトルモデファイド・パーツ発表
電気自動車ルノー・ゾーイ購入で5000ユーロのボーナス

運転テクニックアンケ、女性「合流」・若者「駐車」が苦手
パイオニアとレコチョク車向け定額音楽サービス
アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始
国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめる
TESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、36万円
JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開

WebstudioVentサイトTOPに戻る