今年のカーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー選出は「マツダ RX-8」

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山口 文洋)が企画制作する中古車情報メディア『カーセンサー』は、この一年で掲載された約6,000モデルの車の中から、ユーザーの購入意欲の高さに着目したランキング集計を実施。結果ユーザーの関心を最も集めたのは「マツダ RX-8」となった。

この「カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー」は、カーセンサーが保有するデータを元に、中古車市場でユーザーの購入意欲が最も高かった車種が何かを探るもの。第4回の栄誉に輝いたのは、「マツダ RX-8」となっている。

同社のランキングで、かつて2015年に1位、2016年は2位と常に上位にランクインしていたが、2017年はトップに返り咲いた。マツダが独自に開発したロータリーエンジンを搭載し、実用性にも長けた4ドア(観音開き)クーペである点が評価されたものと考えられる。

その他、カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018 TOP10は以下の通り

1位  マツダ RX-8(初代)昨年順位: 2位
2位  トヨタ アルファード(現行型)同: 5位
3位  トヨタ ヴェルファイア(現行型)同: 4位
4位  スバル レガシィツーリングワゴン(4代目) 同: 3位
5位  スバル フォレスター(現行型) 同: 6位
6位  トヨタ ハリアー(現行型)同: 1位
7位  トヨタ ランドクルーザープラド(現行型)同:18位
8位  三菱 アウトランダーPHEV(現行型)同:81位
9位  BMW 3シリーズ(3代目)同:20位
10位 ホンダ フリード(現行型)同:圏外
10位 スバル レガシィB4(2代目)同: 7位

今回のランキングでは、2位・3位の「トヨタ アルファード」と「トヨタ ヴェルファイア」など、登場から約3年が経過したモデルのなかで押し出し感の強いデザインの2台がランクを上げた。

「三菱 アウトランダーPHEV」は昨年81位から8位に大きく順位を伸ばしており、プラグインハイブリッドのモデルが初めて上位10車種にランクインをした。

※選考方法:2016年11月1日~2017年10月31日の1年間に於いてカーセンサーnetに掲載されたすべてのモデルのうち
(1)上記の期間中でカーセンサーnetに掲載された総台数
(2)ユーザーから寄せられた問い合わせの総件数
(3)掲載された1台当たりの問い合わせ集中率
をポイント化し、獲得数の最上位をその年のイヤーカーとした。

カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018の結果についてはカーセンサー編集長西村 泰宏は以下の様に述べている。

「マツダ RX-8」は10代・20代のランキングで1位獲得
1位の「マツダRX-8」は、過去のランキングでも常に上位にランクインしている人気車です。

中古車平均価格が70.0万円(2017年12月7日時点)と手頃な価格で手に入るスポーティなクルマであることから、10代・20代のランキングでも共に1位を獲得しています。

また、後継モデル発表への期待感が高まったこともあり、より注目度が高まった結果と言えます。

高級車は新車発売後約2~3年が中古車購入のねらい目
2・3位の「トヨタ アルファード」や「トヨタ ヴェルファイア」は、2015年1月の発売から約3年が経とうとしています。新車を購入後、初回の車検は3年後にやってきます。

一般的な傾向として、車検のタイミングで乗り替える人が増えるため、中古車市場では流通台数が増加し選びやすくなります。

また、流通量が増えることで価格も下がるため注目度が高まります。とくに新車時の価格が高いモデルについては中古車で購入するメリットが出てくる時期と言え、昨年のランキングで1位を獲得した「トヨタ ハリアー」もその代表例と言えるでしょう。

また、2016年は81位だった「三菱 アウトランダー PHEV」が8位に浮上。プラグインハイブリッドモデルとしては初めてのトップ10入りしており、世の中のEV化の波が中古車市場にも少しずつ影響し始めているように感じます。

クリックまたはタップ、ズームで1040ピクセルまで拡大します

家族形態によってボディタイプは大きく変化し、50代以上はクルマ選びが多様化
一方、世代別にランキング上位のモデルを見てみると、20代は、低予算で狙えるコンパクトカーやクーペなどのスポーティーなクルマが人気です。

30~40代になると、家族形態の変化に合わせて乗車人数や荷物が増えるため、ミニバンやSUV、ステーションワゴンが主流になってきます。

そして、50代以上になると、それぞれのライフスタイルに合わせてクルマの選び方が一気に多様化してきます。子育てが一段落しコンパクトカーにダウンサイズする層は、「ミニ ミニ」や「日産 リーフ」、「ボルボ V40」などに注目をしている様子。王道のセダンを選ぶ層は、「BMWの3シリーズや5シリーズ」、「レクサス HS」などが人気です。

他にも、SUVでは「三菱 アウトランダーPHEV」、クーペの「ポルシェ 911」や軽自動車だとオープンカーの「ダイハツ コペン」やクロカンの「三菱 パジェロミニ」が上位に入ります。購入後の用途をイメージしながら、様々なクルマが選ばれているようです。

カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018 「地域別ランキング」は以下の通り

北海道
1位 スバル レガシィB4(2代目)
2位 日産 エルグランド(2代目)
3位 スバル レガシィツーリングワゴン(4代目)
例年通りスバル車が上位を占めるも、2位に「日産 エルグランド」がランクイン。4位にも「日産 エクストレイル(初代)」と、スバル、日産の2強体制に。その他上位には、「ランドクルーザー100(2代目)」や「フォレスター(2代目)」、「ジムニー(現行型)」など4WD車で走破性の高いモデルが目立ちました。悪路を走ることも多い北海道らしい結果となった。

東北
1位 スバル レガシィツーリングワゴン(4代目)
2位 スズキ ジムニー(現行型)
3位 トヨタ アルファード(現行型)
昨年同様「レガシィツーリングワゴン(4代目)」が1位。3位の「アルファード(現行型)」に続いて、4位以下では「デリカD:5(現行型)」、「ヴェルファイア(現行型)」と車内が広く、大型で現行型のミニバンがランクインしました。以降も、「オデッセイ(3代目)」や「フリード(現行型)」、「セレナ(現行型)」など、ミニバンが多数上位に入り圧倒的に注目されている。

北陸・甲信越
1位 スズキ ジムニー(初代)
2位 スバル インプレッサハッチバック(初代)
3位 スバル インプレッサSTI(2代目)
2~5位を独占するスバル車をおさえ、ジムニー(初代)が1位を獲得。トップ10まで見るとスバルが7車種を占め圧倒的な人気となった。

ボディタイプでは、クロカン、ハッチバック、セダン、ミニバンにステーションワゴンと様々なカテゴリーがランクイン。用途はもちろん、地域によって降雪量などが異なるため、注目される車種が変わってきている。

北関東
1位 マツダ RX-8(初代)
2位 日産 GT-R(現行型)
3位 トヨタ ランドクルーザープラド(現行型)
イヤーカーになった「RX-8(初代)」が1位を獲得。2位の「GT-R(現行型)」とともにスポーツティなクルマが上位を占めている。

一方で、3位以降では「ランドクルーザープラド(現行型)」、「フォレスター(3代目)と(現行型)」、「ジムニー(初代)」が続いており、クロカン/SUVも注目を集めている。

関東
1位 マツダ RX-8(初代)
2位 日産 リーフ(初代)
3位 BMW 3シリーズ(3代目)
北関東同様に、イヤーカーの「RX-8(初代)」が1位。3位の「3シリーズ(3代目)」以外にも、5位に「X1(初代)」、6位に「3シリーズ(現行型)」がランクインするなど、BMW人気が目立ちました。ベスト20に広げるとミニやポルシェなどもランクインし、ランキングの半数を輸入車が占める点は都市圏ならではの傾向。

東海
1位 トヨタ ヴェルファイア(現行型)
2位 マツダ デミオ(現行型)
3位 トヨタ アルファード(現行型)
トヨタのお膝元である東海地方で1位に輝いたのは、「ヴェルファイア(現行型)」。

2位の「デミオ」を除くと、3位 「アルファード(現行型)」、4位 「ハリアー(現行型)」となり、高級感を売りとするトヨタの現行モデルが続いている。トップ10のうち7車種が現行型で、東海では比較的新しいモデルへの関心が高い。

関西
1位 トヨタ アルファード(現行型)
2位 ホンダ フリード(現行型)
3位 トヨタ C-HR(現行型)
「アルファード(現行型)」や「フリード(現行型)」をはじめ、ミニバンが多く上位にランクインした関西。2位の「フリード(現行型)」や3位の「CH-R(現行型)」、7位の「セレナ(現行型)」と、2016年に新車での発売を開始した新しいモデルがトップ10入りしているのも特徴的。関東と同様に、軽自動車が10位までには登場しないのも都市圏の傾向。

中国
1位 マツダ ロードスター(初代)
2位 マツダ RX-8(初代)
3位 マツダ ロードスター(2代目)
マツダの本社がある中国地方はなんとトップ10のうち8台がマツダ車を占める。

ロードスターが世代違いで1位と3位、9位に3台ランクインしていることからも、地元企業への愛着を感じる。

そして、2位にはイヤーカーの「RX-8(初代)」が。マツダの中でもスポーツカーが中国地方のユーザーからは人気が高い。

四国
1位 スズキ ジムニー(初代)
2位 マツダ RX-8(初代)
3位 ジープ コンパス(初代)
1位の「ジムニー(初代)」や3位の「コンパス(初代)」など、小型のクロカン/SUVが人気な四国地方。その他トップ10には、「180SX(初代)」のほか、「シルビア(2代目)」など低年式のクーペタイプがランクインしており、この傾向は四国地方にのみ見られる。また「ロードスター(初代)」や「S660(現行型)」などのオープンカーも注目されている。

九州・沖縄
1位 スズキ ジムニー(初代)
2位 スズキ ワゴンR(2代目)
3位 トヨタ ランドクルーザー70(初代)
「ジムニー(初代)」、「ワゴンR(2代目)」と軽自動車が3位までに2台ランクインしており人気。

また、「ランドクルーザー70(初代)」や「ランドクルーザープラド(現行型)」、「ハリアー(現行型)」のような大きめのSUVも人気。一方で、ランキングの上位にはミニバンやステーションワゴンが入っていないのも特徴的と言える。

カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー特設サイトhttp://www.carsensor.net/pro/cs_coty/