VICSセンター、協力金2万円のETC2.0車載器アンケートモニター募集キャンペーン実施


一般財団法人 道路交通情報通信システムセンター(所在地:東京都中央区京橋2-5-7、理事長:倉内憲孝、以下、VICSセンター)は、平成28年1月1日からETC2.0(電波ビーコン5.8GHz帯)車載器アンケートモニターの募集キャンペーンを実施する。

VICS情報は、FM多重放送、電波ビーコン、光ビーコンの3メディアで提供されており、電波ビーコンについては5.8GHz 帯でETC2.0サービスが展開されている。

本キャンペーンの主旨は、国土交通省が進めるVICS情報を利用したETC2.0施策に連携して、VICS3メディアの1つであるETC2.0(電波ビーコン5.8GHz帯)の普及促進を支援するもの。

vics-center-etc2-0-obe-questionnaire-monitor-recruitment-campaign-of-cooperation-money-¥-2000020151228-3

同キャンペーンでは、取扱店でETC2.0車載器を新規購入、セットアップし、WEBアンケートに回答できる対象者から先着5,000名をアンケートモニターとして登録し、購入費用からアンケート協力金2万円を減額するというもの。より詳細な実施内容は、下記キャンペーンサイトに記載されている。
< >

VICSセンターでは、「この機会にETC2.0対応車載器をお求めいただき、高速道路上での安全かつ快適なドライブにお役立ていただければ幸いです」と参加を呼び掛けている。

〔ETC2.0サービスとは〕
国土交通省は、昨年10月に、これまでの「ITSスポットサービス」を「ETC2.0サービス」と名称変更した。

従来のサービスに加え、今後、渋滞・事故等の状況に応じて賢く経路選択を行うドライバーへの優遇措置など経路情報を活用した新サービスの展開が予定されている。

新サービスの内容としては、首都圏の圏央道利用について平成28年4月より、ETC2.0搭載車を対象に約2割引(圏央道利用分)の実施や大口・多頻度割引の対象道路への追加が計画されている。

国土交通省 「ETC2.0サービス」サイトは以下

〔実施概要〕
■申込期間
2016年1月1日(金)~ 2016年2 月29日(月)
(申込期間内でも、応募が募集数に到達次第、締切となる)
■対象
キャンペーン取扱店舗でETC2.0(電波ビーコン5.8GHz帯)車載器を新規購入、セットアップを行い、かつ、モニター登録ならびに、4回のWEBアンケートに回答できる対象者。
■募集数
先着5,000名
■アンケート協力金
20,000円(店頭での請求金額の一部がアンケート協力金として減額される)
■取扱店舗
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府のキャンペーン取扱店舗
(取扱店舗はキャンペーンサイトに掲載)
■申込手続き
メールアドレスをモニター登録し、キャンペーン取扱店舗での申込みが必要。
(詳しくはキャンペーンサイトにて)
■WEBアンケートについて
WEBアンケートは合計4回で、各アンケートは登録のメールアドレス宛に配信される。