ヤマハ発動機、インドのデザイン賞「インディアデザインマーク(I Mark)」獲得。6年連続受賞に


ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市、社長:柳弘之、以下、ヤマハ発動機)のインド子会社「India Yamaha Motor Private Limited」が販売する若い男性向けスクーター「Cygnus Ray ZR(シグナス レイ ジーアール)」と、スポーツモデル「YZF-R3」が、インドデザインカウンシル主催の「インディアデザインマーク(I Mark/India Design Mark)」を受賞した。

なおヤマハ発動機の同賞受賞は、第1回の2012年創設から6年連続の受賞となった。

I Markを獲得した「Cygnus Ray ZR」は、実用性と快適性を考慮しながら、彫が深く力強いフロントマスク、レイヤー感漂う直線ライン、スピーディさと抑揚感あるテールまわりなどをバランスさせ、トレンドに敏感な若者のニーズに応えるスタイリングとしている。

左:「Cygnus Ray ZR」(2016年インド向けモデル) 右:「YZF-R3」(2015年グローバル展開モデル)

一方「YZF-R3」は、100〜125ccが主流のアセアン・アジア市場に於いては、ロードレースに憧れを抱く顧客層に向けたハイエンドモデルとして仕上げた。

実際、スーパースポーツのフラッグシップモデル「YZF-R1」を継承するボディデザインが当地で好評を得てきた。

インドデザインカウンシルは、インド商務産業省の関係機関であり、公益財団法人日本デザイン振興会との連携協定を背景に、日本の“グッドデザイン賞(Gマーク)”に準じたデザイン賞「インディアデザインマーク」を創設。2012年から第1回の公募・審査が行われてきた経緯がある。

受賞にあたってヤマハ発動機のプロダクトデザイン部デザイン企画グループ木下保宏氏は、「『Cygnus Ray ZR』はトレンドの最先端を行く大胆で男らしいライフスタイルのお客様に向けて。

そして『YZF-R3』はヤマハスーパースポーツYZF-R1を最高峰とするR-DNAを愛してくださるライダーに向けて、チーム一丸となって開発を進めてまいりました。

これらのモデルを相棒として選択いただくことで、お客様に新たな感動を提供できれば幸いです。今後も魅力あるデザインの製品を送り出していく所存です」と結んでいる。

ヤマハ発動機 デザインアワードサイト: